安全にアシナガバチ駆除【セルフで行う場合】

自力でもできる!アシナガバチ駆除の方法と手順をチェック

必要な道具を揃えれば、自力でもアシナガバチ駆除は可能です。安全に巣を撤去するためには、どんなアイテムを揃えて、どのような流れで行えばよいのでしょうか?こちらでは、身を守りながら駆除活動をするのに必要な道具と手順を紹介します。

規模が大きくならないうちにお引き取りを!自力で駆除活動する

毒針が通らない完全武装で!

アシナガバチ駆除で警戒すべきが毒針です。毒針から皮膚を保護するために、まずはそのアイテムを揃えておきましょう。針が通らない防護服や全方向ツバの帽子・手袋・長靴・防虫ネット・マスクは必須の防御アイテムです。全て、ホームセンターなどで買い揃えられる代物ですが、防護服の費用を節約したい場合は、極力厚手の衣類を用意すると良いでしょう。特にスキーウェアや厚手防寒着・雨合羽など、針を通しにくいのでおすすめです。

駆除のタイミングは夜がベスト!

アイテムを揃えたら、駆除を実行するタイミングを考えます。アシナガバチ駆除でオススメのタイミングは、あたりが暗くなる時間帯です。夕暮れ時には、巣を離れている働きバチが戻ってくるからです。一気に殺虫剤を巣の入り口から噴射して一気に潜んでいる個体を殺すあるいは弱らせるのにうってつけです。

殺虫剤の噴射時間

実は、巣の中に殺虫剤を噴射させる適切な時間があるのはご存知でしょうか。自力で駆除する場合、巣穴に向かって1分近くは噴射し続ける必要があります。ちょうど、1分間ほど噴射し続ければ、ほとんどの個体が死んでいるか弱っているので、刺されるリスクを最小限に抑えられます。

蜂の巣はゴミ袋にイン

殺虫剤を1分間噴射し続けた後も、油断は禁物です。巣を撤去する時に、まだ元気に動いている個体がいるかもしれないからです。ゴミ袋の中に巣を入れる最中も、殺虫剤を片手に警戒するのが望ましいです。

ダメ押しで殺虫剤をもう一度散布

ゴミ袋の中に、巣を入れてから口を閉じる前に再度殺虫剤を噴射しましょう。あくまで、ハチが生き残ってる可能性を考慮しての殺虫剤噴射です。噴射は、袋内部に薬剤が行き渡る程度で大丈夫です。それが済んだら、住まいのゴミ捨て区分に従って処分してください。

安全にアシナガバチ駆除【セルフで行う場合】

蜂

再び巣を作らせないのがカギ【駆除後に行うべきこと】

アシナガハチ駆除作業を終えた後、営巣跡に何も処置をしないまま放置するのは危険です。個体が集まりやすい時間帯を選んでも、完全に全て戻ってきてるとは言い難く、巣を撤去した後も同じ箇所に巣を作っている可能性があるからです。営巣を防ぐためにも、跡に殺虫剤を吹き付けておくと良いです。忌避効果により巣を作られにくくなります。

自力で行う場合の費用

ちなみに、自力でのアシナガバチ駆除では、防具・ゴミ袋・懐中電灯(場所による)・スプレーボンド・突っ張り棒と必要な道具を揃えるのに9000円前後の費用がかかります。比較的安上がりですが、あくまで危険な作業ということをお忘れなく。巣の規模や営巣場所によって、駆除が難しいと判断したらプロの駆除業者に頼るのが望ましいです。

害虫の種類別での対処方法と害虫駆除業者への頼り方

蜂の巣

誰の責任?キイロスズメバチの巣駆除は物件の契約内容で責任が変わる

キイロスズメバチは、自然の脅威が及ばない箇所に巣を作りやすいです。ベランダの軒下だけでなく、換気口といった見えない空間にも巣を作るので、場所によっては無理に自力で殺虫剤を散布せずに駆除業者を呼ぶのが得策です。しかし、賃貸物件に住んでいる場合は場所や契約内容によって大家などが対応してくれることもあるので、確認してみましょう。

READ MORE
蜂

安全にアシナガバチ駆除【セルフで行う場合】

自力でアシナガバチ駆除をするつもりなら、まだ巣の規模が小さいうちにやっておいた方が良いです。規模が小さくても、毒針が通りにくい防護服や防虫アイテムを用意し、安全に駆除するための手順を把握しておきましょう。

READ MORE
ネズミ

プロのねずみ駆除手順を知る!念入りな作業でマウスシャットアウト

強烈な悪臭を放ち、あらゆる病原菌やアレルギー源を有するネズミは、プロのねずみ駆除業者にお任せすべきです。依頼する場合、どんな手順でどれくらいの時間・期間で駆除をするのでしょうか?

READ MORE
英語

素早く厄介な存在【存在を認知したら即刻害虫駆除!】

ゴキブリなどの害虫駆除は、個人で一筋縄ではいきません。アレルギーや病原菌、後々の片付けのことを考慮してプロの業者に一任した方が楽に済ませられます。

READ MORE
広告募集中